※発送に関してのお知らせ


8/10(MON)14:00~8/13(THU)の期間中に注文頂いた商品は、8/14(FRI)以降の発送になります。

ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんが、ご了承の上ご注文下さいませ。



24th of AUGUST

BIEK VERSTAPPEN




アムステルダムの中心部に位置する1895年に建てられた倉庫の中にあるアトリエにて、シルク、バンブーに加えアンゴラヤギ、キャメル、ヤク、それに幾つかの羊のウールなどナチュラル素材のみを用いてBiek Verstappenは「纏う布」を生み出している。

ウェンズリーデール種の羊の完璧にカールした体毛を選ぶこと、様々なファイバーを染色することなどの全ての工程において、彼女はひとり自身の感覚だけを頼りに、素材を通じて感じる静寂や親密さ、幸せや柔らかさを意識しながら製作する。
彼女が求めているのは、それぞれの素材の特徴を把握することで、その良さを活かすこと。 そして様々な異なる種類の素材を重ね合わせることで、素材に深みを与える。 染色という過程を通じて、それぞれのファイバーが染料に対して異なる反応をみせ、結果として3次元の布を生み出している。そしてそれは天然の素材だけが持つ予測不可能な性質やドラマと同時に、彼女の感情や彼女自身を表現している。